ソウルで逢えたら【読書】


著者:松岡圭祐

お勧め度69%
読み易さ76%

【千里眼】で有名な松岡さんの作品です。千里眼以外にも松岡さんの作品はたくさん読ませていただいたので、この本も、スリルとサスペンスに満ちた作品かと思いましたが、違いました。むしろシンデレラ物語・・とまで言いませんが、まあ近い感じです。登場する主人公も、今まで読んできた松岡さんの主人公(例えば岬とか)たちに比べると、優柔不断でお人好しで夢ばかりみてる明恵に、最初はイライラしてしまいました。

ところがこの明恵、どうも変な所で自分を強くだす癖があるらしく、そのタイミングがとっても痛い。800万の借金を返すため、韓国に行ってしまうのもどうかと思う。まあ結果、それが彼女を大きく成長させるきっかけにはなるのですが、普通、その日食べる食事にも事欠く人が、わざわざ韓国語教室に通って、韓国に行くかな〜?まあ、この辺は『小説の世界』という事で多めにみましょうか。

さて、韓国についた明恵はいわゆる、カルチャーショックに出会います。例えば韓国では電車が混んできたら、座っている人が立っている人の荷物を持ってあげるとか、タクシーのドアは自分で閉めるとか。明恵にとっては初めての事だらけでビックリ仰天。言葉もなかなか通じず(分からず)、落ち込む良子。それでも何とか韓国で仕事をみつけ、手探りながら韓国での生活がスタートしました。

彼女が韓国でどんな仕事をしたか、というのは、ここで書いてしまうとネタばれになってしまうのでやめておきますね。ただ、この韓国での仕事が、彼女に大きな自信を与えたのは確かです。確かに環境が変わっただけで中身が変わってしまう事はあり得ませんが、明恵の場合は、不本意ながら一旦引き受けた仕事を真剣にこなしていった結果、変わることが出来たんじゃないかな〜?と思います。

最後に本文から一番気に入った文面を移しておきます。

以下本文より引用

ひとつの時代が終わって、また新しい時代が動きだす。わたしの成長はたしかに遅かったかもしれない。でも、かろうじて間に合った。それが明恵にとって、数少ない慰みのひとつだった。わたしは生まれ変わった。未来に足を踏み出せる、そのかすかな自身を胸の奥にやどらせることができた。

私も人が成長するのに『遅い』という事はないと思っています。
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
風が強く吹いている【読書】


著者:三浦しをん

お勧め度80%あげ
読み易さ79%

走(かける)は、その名の通り走るためだけに生まれてきたような少年。その日もコンビニから盗んだパンを持って走っていた。その姿は美しく、無駄がない。颯爽と風をきる音さえ魅了してしまう。そんな走(かける)を見た清瀬は、通りすがりの人に自転車を借りて後追いかけていき、走(かける)にこう尋ねるのでした。

走るの好きか?と。

これが走と清瀬の出会い。これがきっかけで竹青荘(アオタケ荘)の住民を巻き込んだ大騒動が始まるのでした。たった10人で箱根駅伝の予選に参加する、これがどれほど無謀なことなのか、この物語を読み進むうちに分かってくるのですが、一番の理由は補欠がまったくいない状態で挑戦する、と言うことでした。

私も今回、この本を読んで初めて知ったのですが、箱根駅伝というのは、まずあらかじめ決められた(たしか14〜16人だったと思う。間違っていたらごめんなさい)人数を提出し、最終的には実際出場する選手を10人決めるのですが、あらかじめどこのコースを誰が走るのか指定しておかなければなりません。そして一度決めた(提出した)選手のコースは変えられないのです。

この時、人数に余裕があれば(補欠がいれば)試合当日の最終決定で選手の交代を申請することが出来ますし、逆に本当のエースを補欠にしておいて、他の大学の作戦を見極めてエースをどこで走らせるか決める、という作戦も取ることが出来ます。ところが、人数がぴったり10人だと、そういう事が出来ないのです。

そんなややこしい難しいルールの事など知らず、最初は渋っていた竹青荘の面々も、面白半分、興味津々で清瀬の夢に参加することにしたのでした。こうして清瀬の元、走、ジョータとジョージ、キング、神童、ムサ、ニコちゃん、ユキ、王子のユニークな面々のユニークな、しかし厳しい練習生活が始まるのでした。

そしてこの物語はマラソンの練習もさることながら、そのユニークな住民たちの変人、生活ぶりにも注目してほしいと思います。

例えばニコちゃん。彼はニコチンのニコちゃんと呼ばれる程のヘビースモーカーだったのに、マラソンに挑戦することになってから禁煙をします。そしてタバコを吸えないイライラから針金で不気味な人形を何個も作り続けるという変人ぶりを見せ付けていますし、三度の飯より漫画が好きな王子は、甘いマスクを生かすことなく、二次元の女の子にしか興味がないという変人ぶり。

他にもユニークな住人がたくさん・・それぞれの生きざまや、マラソンを走っている時の様子などを楽しんでもらいたいと思います。読み易さを79%にしたのは、走ることに対する専門的な言葉が出てくるからです。インターバルやダッシュなどがそれにあたりますが、もともとスポーツされる方ならなじみのある言葉ですので読みやすいと思います。そうじゃない方も、読みにくい、と言うほどではないので、是非読んでみてほしいと思います。

ランナーが普段、どんな思いで走っているのかよく表現してあり、読み終わってから来年は箱根駅伝を見る目が変わるだろう思いました。それにしても六道大の藤岡はすごい!!スポーツマンの鏡であり、彼のような人物こそ、本当のアスリートと言えるのでしょう。清瀬も藤岡のように風を極めることが出来たはずなのに、悲しい事に体がそれを許さなかった。しかし代わりに清瀬には人を見る力というものを神さまが与えていたのでした。物語が終わった後も清瀬のもと、沢山の若者たちがその才能を開花していくのかと想うと、思わず微笑んでしまう、そんな1冊です。
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
空の中【読書】


空の中(PC専用リンク)

空の中(携帯専用リンク)



価格:1,680円

獲得P:16ポイント

セブンイレブン受け取りで手数料無料



著者:有川 浩



お勧め度91%矢印上矢印上



空に浮かんでいるのは雲だけではなかった・・!!



空の中で起こった飛行機事故が2件続けて起こり、春名が事件調査に指名される。最初はつっけんどだった武田パイロットだったが、事件関係者の中の唯一の生き残りで、春名の誠意にも押され、再び空の中へ何があるのか確認しにいくのであった・・。



有川さんの小説は毎回熱々ロマンスが仕込まれていますが、今回もばっちり楽しませていただきました。そして恋愛だけではなく、宮じいや春名など、魅力たっぷりの登場人物もたくさん。



その中で、やはり一番興味深いのは『白鯨』です。



もともと1つの生き物だったため、白鯨は争うことがなかった。それがバラバラになったとき、実に興味深いことが起こります。分かりやすくいうと、『過激派』と『傍観派』『平和主義派』に分かれてしまうのです。これって人間そのものって気がしました。そして人が白鯨のように心をひとつにすることが出来れば、素晴らしい世界になるんだろうなぁ、と思わずにはいられませんでした。



そしてフェイクが最後に得た幸せ。



赤ちゃんが母親の胎内にいる時のように、溶け込んで安心感を得ていくさまが感動的で心が震えました。
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
塩の街【読書】


著者:有川 浩

お勧め度78%矢印上

有川さんの作品にはまって、読みあさっています。この【塩の街】は記念すべき有川さんのデビュー作。有川さんの作品にはいつも最後にご本人からのメッセージが書かれていますが、この作品はこれで新人賞(?)をとって、あとから文庫本にするときに、いろいろと設定を変える事を求められたらしいのですが、妥協したところと、どうしても譲れないところ、そして書くのにとても苦労した人物設定なんかもあったらしいですね。

最初は、そういうこと知らないから無心で読むわけですが、私が感じた違和感は真奈と秋庭(あきば)の年の差。まあ年の差といっても、やっぱり『恋』ですから。『恋よ来い、濃い恋をしよう。』じゃあないけど、恋にタブーはなし。しかもこの恋で世界が救われるっていうんですから、そりゃ誰も文句はないでしょう(笑)。

本の内容は突然始まった塩害、人々が次々と『塩化』してしまう病気が始まり、徐々に人口が減ってテレビや通信機関なども崩壊し、人々は家に閉じこもり、わずかの配給をたよりに生きていく世界から始まります。そんな世界で、ひとり重いリュックを背負った遼一。行き倒れ寸前のところを真奈に拾われ、秋庭ともに海へ目指す。―彼女とひとつに溶け合うために―

この物語の中で、一番気に入ったフレーズです。

愛ってすごいと思う。

地球を救うことも出来るし、滅ぼすことも出来るのが愛だと思う。

―愛する人を守るためなら世界が滅びてもいい―

そう思うことが罪でしょうか?わがままかもしれないけど、罪じゃないですよね。誰だって心があるなら、愛する人は守りたいと思うはずです。この物語は、そんな究極の愛を描いた作品です。

続きは読んだ方にしか分からない内容です。
続きを読む >>
心暖かくなる物語 | comments(2) | trackbacks(0)
entry_bottom
三匹のおっさん【読書】


著者:有川浩

漫画:須藤真澄

お勧め度80%矢印上

面白かった!

読み始めはちょっとむかつくガキとか出てきて、どうなってんだ?なんか暗い感じって思ったんだけど、それも最初だけ。読み進むうちに、むかつくガキも捨てたもんじゃないじゃん、と思った。そして三匹のおっさん。「俺たちのことはジジィと呼ぶな、おっさんと呼べっ」て、ジジィとおっさんに違いがある??とか思ったけど・・まあ、考えてみれば私も「ババァ」って呼ばれるより「おっかさん」って呼ばれる方が、はるかに精神衛生上良いかな?

さて、この三匹のおっさんたちが繰り広げる6つのお話。一番面白かったっていうか、ジーンときたのは『結婚詐欺騒ぎ』。やっぱり日頃思っていることは素直に口にしないと、相手に気持ちは伝わらないよね。登美子さんが「この声に」ってところは泣けた。次に面白かったのは『モデル詐欺騒ぎ』。もおなんと言っても読みどころは最後の早苗ちゃんの大胆行動!!しかも則夫(早苗ちゃんのお父さん)が影でそれを見ていたもんだから、そりゃ大変。則夫さんのジタバタぶりが面白い。

他にも清一さんが竹刀を持った時の凛々とした姿がかっこいい『恐喝騒ぎ』、祐希くんと早苗ちゃんの出会いのエピソードとなる『痴漢騒ぎ』、今の世の中の問題を浮き彫りにした『動物虐待騒ぎ』や『悪徳商法騒ぎ』などバラエティに富んだ物語であっという間に読み進んでしまいました。

出来れば続編も期待したいです。

最後にこの本の挿絵に書かれているイラストは、著者の有川浩さんが熱望されて漫画家の藤真澄さんに頼まれたそうなんですが、熱望されただけあって三匹のおっさんの特徴がすごく上手に描かれていると思いました。そして面白いな〜と思ったのが、表紙の裏に書かれている(物語が始まる前の)三匹のおっさんの服装と、物語が終わって最後に書かれているおっさんの服装の違い。物語を読み終わって見比べてみてほしいと思います。

☆主な登場人物☆

清田清一:定年退職を迎え、嘱託勤務をしている。剣道の達人。

立花重雄:居酒屋を経営、柔道の帯はジャージと同じ黒色。

有村則夫:三匹の参謀役。実は三匹の中で一番怖い?

早苗:則夫の一人娘。亡くなった妻の忘れ形見。いい娘。

祐希:清田の孫。今時の子供らしく生意気な口をきく。
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
朝霧【読書】


著者:北村薫

お勧め度89%矢印上

北村さんの作品はこれで5冊目になりますが、毎回 心がじんわりと温かくなるお話に嬉しくなってしまいます。今回の作品の中で特にフッと心に入ってきた情景は物語の中盤ぐらいのところで出てくるのですが、主人公の女の子がまだ小さかった頃のエピソードで、お父さんと郵便局に行くお話しが出てくるんですね。

待合室で順番がきて、名前を呼ばれるのを待っている間、お父さんに「大きい車が通ると椅子が揺れるよ」、と言われ、父親に言われたとおり椅子にチョコン、と座る女の子。その時 彼女は(車が通る前に名前を呼ばれたらどうしよう)と緊張します。

ハッとしました。

私だったら、そんな心配はしないからです。名前を呼ばれたら、父親が行けば良いことです。父は既に椅子が揺れる事を知っているのだから、それで私に教えたのだし、だったら私は大きい車が通るまで座っていればいい、そう思うと思うんです。

ところが、この小さな女の子は呼ばれたら一緒に行かないといけないと思っています。(というか不安だから父親にくっついていたいんですね、きっと)、そのくらい小さい頃のエピソードだという事が分かります。そして、そんな小さいころだったら、私もそんな風に感じるだろうな、と思いました。

大きくなったら気にもかけない、ほんの些細な小さい頃のエピソードをこんなに鮮やかに表現できる北村さんは、きっと心が愛に溢れている方なのではないかと想像してしまいます。

そしてその後、車が通って椅子が揺れた時に「ホントだ」と言って無邪気に喜ぶ女の子。忘れていたものが蘇る瞬間でした。

JUGEMテーマ:読書

続きを読む >>
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
恋文の技術【読書】


著者:森見登美彦

お勧め度76%あげ

主人公は守田一朗という大学の研究生。その楽観的すぎる性格を教授が懸念して能登の島でクラゲの研究をしている谷口さんという人の所で修行をしてこいと言われます。大学生とはいえ、一郎はまだ子供。京都から遠く離れた能登のしま研究所で淋しさを紛らわすため、京都の何人かの友達と文通を始めます。ついでに、この文通で恋文の技術を上げようともくろむのですが…。と、まあ、この本はこの守田くんが能登の島に遠島されている間出した手紙集という形で成り立っています。

『会話』の部分がないので、最初は取っ付きにくいかも。それに守田くんが大学生だというのも手紙の内容でだんだん分かってくることなので、最初は左遷されたサラリーマンの話かと思いました。文通の相手は同い年の小松崎友也、酒が強くイタズラ好きな大学の先輩大塚緋沙子、昔家庭教師をしていたまみや少年、しっかり者の妹、それから作家の森見登美彦(笑)。

あとは何通も書きながら、なかなか完成しないラブレターの数々。これは最後にまとめて『失敗作』として出てきます。この『失敗作』が大変面白い。真面目に書きすぎて時代小説のような分になったり、相手をあまりに褒めすぎて気持ち悪いストーカー文章になったり、もう大変。特に『おっぱい』の言い訳をする手紙には腹を抱えて笑えますので、後半の楽しみしてください。

さて、なかなかうまく書けない恋文、それでも守田くんは『ラブレター』の極意がきっとあるのではないかと、小説家の森見登美彦氏にまで手紙を出す始末。相手の森見登美彦氏もなぜか守田くんの事が気になり返事を送ってくるのですが、果たして最後には無事、意中の相手に出すラブレターを書き終えることが出来るのでしょうか?最後には妹と森見登美彦氏が交換した手紙や大塚緋沙子と谷口氏の手紙なども出てくる心温まる青春物語。

好きだな〜、こういうの。ほっかりするね。

最後にひとつだけ、失敗作のラブレターの中から抜粋しておきます。どうしても見てみたい人だけ、続きを読んでくださいね。
続きを読む >>
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
まほろ駅前多田便利軒【読書】


著者:三浦しをん

総評:★★★★★+A

多田は便利屋を営む経営者。その正確な在庫管理と完璧な経理計算のお陰でなんとか毎年黒字で経営を続けている。そんな多田便利軒へ行天がひょんなことから転がり込むことに。いらい、多田便利軒の周りでは薬や娼婦、殺人者の友達など怪しい人が集まるように…。物語としては4つくらいに分けてあって、それぞれ話が独立しているのだけど、登場人物が共通しているので、4つがつながった長編と思ってもいいと思います。

行天は時々驚くほど凶暴になるのですが、どこか憎めない魅力を振りまきます。そして言ってる事が、案外的を得てるというか、現実をズバッと言い放つんですね。だから頭は良いんだなぁって思います。一方の多田は、どこか物事を難しく考え過ぎるところがあるのです。昔あった出来事。それがずっと多田を苦しめている。忘れようとしても忘れられないこと、それは何なのか。

1番のテーマは一度壊れたものが再び元に戻るか?という事です。これには2つ意味があって、ひとつは肉体的。実は行天は学生の時、事故で小指が切断された事がありました。幸いすぐ処理したために小指はくっついたのですが、多田は行天の指は決して離れる前の状態には戻らないと思ってます。一方指が離れた行天本人は、確かに動きづらいし、一度離れた部分は冷たいけれど、もんであげると元のように体温を取り戻すと言います。

これが、つまるところ作者の方が一番伝えたいことなんだろうなって思います。一度離れたものでも、失ったものでも、もう一度努力すれば手に入るもの―あとはその事に多田が気がつくかどうか。さあ、行天と一緒に多田を見守りましょう。
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
犯人のいない殺人の夜

icon
icon
犯人のいない殺人の夜
icon(PC専用リンク)
犯人のいない殺人の夜
icon(携帯専用リンク)
価格:580円
著者:東野圭吾

総評:★★★★

私が通っているスポーツジムのサウナで、いつも小説を読んでる方がいらっしゃるのですが、ある日その方に何の小説を読んでるんですか?と聞いたところ『東野圭吾』さんの推理小説と聞きましてね、面白いですか?とお聞きしましたら、面白いですよ、教えてもらったのでさっそく私も何冊か買って読んでみました。

今回の本は短編小説集です。小さな故意の物語、闇の中の二人、踊り子、エンドレス・ナイト、白い凶器、さよならコーチ、犯人のいない殺人の夜と、7個の物語が楽しめます。個人的には【エンドレス・ナイト】が印象的でした。極端に大阪を嫌う主人公は夫が仕事で大阪に行くことになった時もついていきませんでした。その夫がある日刺殺されてしまった。妻は『大阪』が夫を殺したんだと、ますます大阪が嫌いになるのですが、実はその裏に以外な真実が隠されていたのでした…。なんともやるせないお話でしたが、担当した刑事さんがいい人だったのが救いでした。

切ないと言えば【踊り子】も切ない物語でした。誰も悪くないのに、こんな悲しい結末になるなんて…と思います。【さよならコーチ】はちょっと痛快な物語。最後の【犯人のいない殺人の夜】ですが、これには最初にちょっとした仕掛けがありまして、見事にそれに引っかかってしまいました。完全に理解するのに3回も読みなおさなくてはいけませんでしたよ。『先入観』ってやつですね。『やられた〜』と思いましたよ。さすが題名の作品だけあって一番推理小説らしい作品でした。本全体としては短編小説ばかりなので、気軽に読むにはもってこいと思います。
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search