シートン探偵動物記【読書】


著者:柳宏司

お勧め度85%
読み易さ80%

実は知らなかったのですが、シートン動物記という実在の書物があって、この物語はその本の著者をモデルにして書かれています。もっとも、この原本を読んだことがないので、実際にどのような人物がこのシートン動物記の著者なのか、私には知る由もないのですが、このシートン探偵物語を読む限り、外国番、むつごろうさんって感じ。

さて、物語の内容ですが、主人公はシートン氏、というより、新聞記者の方のようです。というのも、読み終わって気が付いたのですが、この新聞記者の目線から物語が描かれており、新聞記者の名前は「私」という言葉で伏せられてしまっていたからです。しかも、シートン氏も彼の事を名前で呼ぶことはなく、細い目でいたずらっぽい笑みを浮かべて見つめているだけなんですから。

前置きが長くなりましたが、2人の最初の出会いは遠い昔、新聞記者がまだ小さかった頃にシートン氏の動物記を読んでいた、愛読家だった事から始まります。しかもただの愛読家ではなく、シートン氏の本を、何度も何度も読み返し、シートン氏が本当に感じてほしかった深い所に気が付いた数少ない少年だったのです。

その少年が大きくなり、偶然にも小さい頃愛読していた本の著者のインタビューを受け持つことになり、シートン氏との対談によって、昔シートン氏と動物たちが繰り広げたミステリーの物語が始まったのです。

『カランポーの悪魔』
狼のお話。狼の側に立ったら、確かにオオカミは生きるため、家族を飢えから守るために狩りをしてるだけなんですよね。そして最後のどんでん返し。牛を百頭殺したって言うのも、オオカミじゃなくて、人間の仕業な気がします。

『銀の星』
カラスのお話。カラスは本当に頭いいよね。物語とは関係ないけど、私は一度本物のカラスの『イジメ?』を見た事あります。道の真ん中で、大きな黒い塊があって、私は車で走っていたんだけど、なんだろう?と思って減速してその黒い塊に近付いていったら、車の気配を感じた3羽くらいの黒いカラスが飛び立っていきました。そしてあとに残されたのが1羽のカラス。別段怪我をした様子もなく飛び去って行きましたが、あれだけの人数(?)羽数(?)で囲んでいたのですから、やはり井戸端会議だったとは考えにくく、ルール違反をした仲間に、しつけをしていたとしか考えられないんですよね。あんな恐ろしい姿をしてるけど、実は中身は東大の医学生並み?

『森の旗』
リスのお話。このエピソードには物語とは関係ない話しで、老婦人をある若者が無言で何度も泥の中に突き飛ばす、という事件の話しが出てくるのですが、実はその話が、私はこの本の中で一番印象に残ったのです。

というのも、おそらく著者もこれが一番言いたいのかな?と思ったからです。それは1つの出来事を片方からだけ見るな、という事です。この、老婦人をある若者が無言で何度も泥の中に突き飛ばすという事件も、それだけを見れば(あるいは聞けば)、この若者が理由もなく、老婦人をいたぶって面白がってるように聞こえるかもしれませんが、もし、老婦人を突き飛ばす、何か理由があったとしたら?やはりあらゆる出来事を柔軟に判断するには動物並みの臨機応変さが必要な気がします。

『牛小屋密室とナマズのジョー』
シートン氏は小さい時から観察力が凄かった、お話。

『ロイヤル・アナロスタン失踪事件』
愛おしい、ネコのお話し。ネコの漢字は『猫』と書きますが、私はこの漢字が許せません。だってあなた、獣ですよ、ケモノ編。ねこの、どこがどのようにケモノだって、おっしゃるんですか?あの、高貴ななき声。人の心を掴んで離さない仕草、その癖、獲物を追う時の美しい筋肉の動き。昼寝をするときの寝顔。魚の匂いを嗅ぎつけた時のキラキラ輝く瞳。どこをどうとったら『ケモノ』なんて言えるんでしょ!おや?アダムス夫人、あなたもそうお思いになりますこと?そうですわよね〜おほほほ。

『三人の秘書官』
人の本性が見えた時ほど悲しいものはありませんね。

『熊王ジャック』
熊も時には四足ではなく二本足で立ち、前足を器用に使うところを見ると、人間やサルに続く頭のよい動物の1人(?)なのかもしれませんね。

最後に『森の旗』の中に出てきた、一番好きな文章を引用します。以下本文より。

「ねえ、あなた。想像してもごらんなさい。このアメリカ(地球)では、およそ木の実がなる森の木は、事実上、すべてハイイロリスかその仲間たちによって植えられたものなのです。かれらは木の実を地面を掘って蓄える。その九十五パーセントはかれら自身のものですが、残りの五パーセントの木の実はリスたちが食べることなくそのまま放置され、それらはやがて芽を吹き、森に育っていくのです。もしリスたちが木の実を地面に埋めなければ、森は育ちません。かれらがいなければ、アメリカ(地球上)に森は存在しないのです。あのちっぽけなリスたちが、この広大なアメリカ(地球)のすべての森を作っているというのは、なんとも痛快な話じゃありませんか」―シートン氏談
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
猫を抱いて象と泳ぐ【読書】


著者:小川洋子

お勧め度79%矢印上

題名から、最初はファンタジーかと思いましたが、チェスのお話でした。最初は名のない少年の幼少期のお話で、とめどもない物語が続くのですが、マスターが登場したあたりから話がまとまってきて、しかも名のない少年の底知れぬ才能が泉から湧き出てくるかのような想いに思わずゾクゾクとして読み進めました。

以前に【ヒカルの碁】というアニメにハマッたことがあったのですが、その作品の中の『サイ』が、この物語の『マスター』であり、『ヒカル』が『リトル・アリョーヒン』だと思いました。そして盤上の上は『宇宙』、そう例えるのは囲碁と変わらないんだなぁ、と思いました。囲碁にしても、将棋にしても、チェスにしても、共通するのは二人で行う競技で、1対1だからこそ生まれる、息吹のようなものを感じました。なんて深い世界なんだろう・・と思います。

私はチェスも、囲碁も打ったことはないのですが(囲碁はヒカルの碁にはまった時勉強はしましたが)、その奥深い世界にいつも吸い込まれてしまします。限られたマスの中で、たった一つとして同じ対局は生まれず、無限の形があり、また優れた棋士になると棋譜を見るだけで、その対局を打った人物がどういった人物だったか分かるというのですから、すごいなぁ、と思います。

続きはチョイ、ネタバレです。
JUGEMテーマ:読書

続きを読む >>
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
超・殺人事件〜推理作家の苦悩〜【読書】


超・殺人事件 推理作家の苦悩(PC専用リンク)

超・殺人事件 推理作家の苦悩(携帯専用リンク)



価格:1,470円

獲得P:14ポイント

セブンイレブン受け取りで手数料無料



著者:東野圭吾



お勧め度35%ショボン



最近、ちょっとシリアスな本を続けて読んだので、コミカルな楽しいものを読みたいな、と思いまして、タイトルから東野圭吾先生らしからぬ、ポップなものを感じてこの本を読んでみたのですが・・東野さんの作品で生まれて初めてコケました。『ウケました』ではなく、『コケました』ですからね、間違えないでくださいよ。



内容は『超税金対策殺人事件』、『超理系殺人事件』、『超犯人当て小説殺人事件』、『超高齢化社会殺人事件』、『超予告小説殺人事件』、『超長編小説殺人事件』、『超魔風館殺人事件』、『超読者機会殺人事件』と、短編集になっており、それぞれくだらないくらい疲れる展開の内容で、特に『超理系殺人事件』は途中で何度も読むのを止めようかと思ったほどです。



東野さんほどの方が、どうしてこのような本を書かれたのか、真意のほどは分かりませんが、内容はともかく、推理小説として一応はつじつまがあっており、もしかしたら同じ内容でも書き方によったら、これほど面白くない本も書けるんだ、と、言うことを証明したかったのだとしたら、納得がいきます。まあ、そう意味ではよくぞ、ここまでくだらない小説が書けたものだと、逆に関心してしまうほどで。だからこの作品は、東野先生のファンの方が、話の種に読まれる程度にされたらいいんじゃないかと思います。
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
1Q84【読書】



著者:村上春樹

お勧め度60%ショボン

村上さんのファンには悪いのですが、私にはあまり面白くありませんでした。以前も村上さんの小説で【ノルウェイの森】という小説が話題になり、ドラマ化などして社会現象にまでなり、そんなに面白いのか、と思って読んでみましたが、気分が悪くなりました。以来村上さんの小説は読んでいなかったのですが、たったひとつの作品だけで、その方の作品全部否定してしまうのは、やはり暴力的な気がして、この1Q84も手にとってみたわけです。

内容的には小説家を目指しながら予備校講師をしている主人公が、新人作品の小説から、とても興味深い作品を見つけ、その魅力にはまっていくお話と、もうひとりの主人公は、普段はインストラクターの仕事をしているが、彼女には影の顔と秘密があり、このふたりの物語が交互に進んでいく、というう形で物語りは進んでいきます。この二人の共通点は二つの仕事を掛け持ちしていることと、同級生ということと、もうひとつ共通点があります。

正直にいうと、ノルウェイの森より面白かったです。物語としても月が2つある世界や、猫の町など不思議な話が次々と飛び出してきて、いろんな謎、深田絵里子や二人の主人公の魅力もたっぷりでストーリーは本当に面白かっただけに、最後の終わり方がなんとも中途半端で、『これで終わり???』と思いました。

普通の便秘もつらいけど、これは心の便秘。

読み終わった後、そうとう苦しかったですよ。
続きを読む >>
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
鳥人計画【読書】


著者:東野圭吾

総評:★★★★★+

これで東野圭吾さんの小説は4冊目だと思うのですが、そのたびに驚かされるのは、それぞれの小説の中の専門知識です。【手紙】の時は裁判のやり取りや、手紙に裁判所の刻印が貼ってある事や刑務所の中の雰囲気、【天空の蜂】の時は原発の知識はもちろん、その仕組みや過去に起こった原発事故の原因、さらにはヘリコプターの専門知識まで…本当によく調べて書かれてるなぁ、と感心してしまいます。そして今回の物語のテーマは、ズバリ科学とスポーツの限界…と言えば分かりやすいでしょうか?スポーツというのはスキージャンプなのですが、私も小さい頃は、スキージャンプをテレビで見た夜は、よく夢を見ました。

その頃は『飛ぶ』という事に技術が要る、などという事はもちろん知らず、『サッツ』(踏み込み)や膝の曲がる角度、更にはどのくらいで曲げるとか、曲がるとか、そういった細かい事まで分析するなどとは『夢』にも思わず、小学校の構内にある遊び場で、本当の『夢』の中であり得ないほど気持ちよく飛んだものです。

そして物語の内容ですがプロローグのあと、楡井明という天才的なスキージャンパーが殺される事件から始まります。殺された楡井選手は、天真爛漫で、明るく、あまり物事を深く考えないタイプ。その才能をひがむ人は居たかもしれないけど、殺したくなるような、自分の才能をひけらかす性格ではなかったようです。ではなぜ彼は殺されてしまったのか?実は物語の冒頭から『犯人』は存在したのですが、それにしては何か引っかかるのです。それは毒薬を飲ませて死に至るまでの時間差です。その差があるものだから、佐久間刑事はずっとひっかっていたようです。

犯人は誰だったのか、その動機などは本を読んで頂きたいのですが、ここではちょっとだけヒントというか、杉江社長の執念とも思える我が息子にかける思いを書いておこうと思います。杉江社長というのは、若いころ自身もスキージャンパーで、割と名の知れた選手だったようです。そして自分は引退し、結婚して2人の子供を授かりました。その2人の子供のうち、男の子-翔選手に、自分が果たせなかった世界一のジャンパーに育てるため、サイバードシステムという、途方もないトレーニングマシーンを作るのです。このマシーンは、コンピューターで制御されていて、簡単に言うと『正しい飛び方』をしないと、とてつもなく不快な音が発生するというシステムのものでした。このシステムを作るだけの為のに、3人のスキージャンパーと生涯契約をしたり、自分の娘まで使って楡井選手を利用したりしていたのです。

さらに、過去の3人のジャンパーの中の一人は、突然事故死をしているなど、不審な点が満載。いったい、サイバーシステムの真の恐ろしさとは?人間はいったいどこまでが科学とスポーツの融合が許されるか。その境目はどこなのか。現在は『ドーピング』というのは明らかに禁止されています。オリンピックなんかで、メダル獲得選手があとからドーピングをしていたのがばれて繰り上げで他の選手がメダルを与えられることは最近では珍しいことではなくなってきました。この物語の中では、こういった人間のモラルのような事が書いてありますので、その辺を踏まえて読むと楽しめるというか、一層深く読めるのではないかと思います。
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
かくれんぼが好きな猫

icon
icon
かくれんぼが好きな猫
icon(PC専用リンク)
かくれんぼが好きな猫
icon(携帯専用リンク)
価格:840円
著者:リタ・メイ・ブラウン/スニーキー・パイ・ブラウン

総評:★★★★★+

お馴染みマーフィと愉快な仲間たちの推理小説です。でも、今回のテーマはちょっと重たかった。そのテーマとは『人種差別』。毎回リタの小説には殺人事件の裏に様様なテーマが隠されているのですが『人種差別』って無くなる日があるのかな?私は悲しいけど無いと思います。なぜなら、人間というのはどうしても回りと同じじゃないと不安になるよう作られているからです。大きく見れば同じ人間なのに…と思うけど、ちょっと髪の色や肌の色が違うだけで警戒するように作られているんですね。

その理由は人間が動物たちの中でもっとも弱く作られているからなんじゃないかな?と最近思うようになってきました。例えば人は服を着ていないと寒くて凍えてしまうし、食べ物だって動物たちのように捕まえてきた獲物をそのままガブリ、という訳にいかず、必ず調理して食べないといけない。そういった弱い生き物だからこそ、同じ髪の色や肌の色をした人同士で結束しようした、それが差別の第一歩ではないのか、そう感じてしまいました。

さて。そんな重いテーマの小説でも『ミセス・マーフィ』の手にかかればちょっと明るくなるから不思議です。内容は重たく結果もいたたまれなかったのですが、最後はハリーのような人もいるんだ、そしてそのハリーを愛する人がこんなに沢山いる…そう思うと心明るく読書を終えることができました。
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
雪のなかを走る猫

icon
icon
雪のなかを走る猫
icon(PC専用リンク)
雪のなかを走る猫
icon(携帯専用リンク)
価格:798円
著者:リタ・メイ・ブラウン/スニーキー・パイ・ブラウン

総評:★★★★★++A

シリーズ第2段です。今回はハリーの前に『ブレア』という、モデルで、顔は世の中の女性がこぞって振り返りそうなくらいハムサムで、お金持ち、体は引き締まり、なんと性格まで良いという、まるでおとぎ話の中にしか存在しないんじゃないかと思うようなイイ男が現れるんです。この彼とハリーがイイ感じになるんですよ。

前にも書いたけど、ハリーには幸せになってほしいから、ワクワクしちゃって。で、けっきょくこのブレアとどうなったのか、それをここで書いちゃうと本書の内容まで書かないといけなくなるので書けませんが、ハリーもいい所まで心開くんですよ。でも、彼には過去にちょっとしたいわくがあったんです。それが元でバラバラ殺人事件の容疑者になるの。はたして、ブレアは凶悪な殺人者なのでしょうか?それは読んで確かめてくださいね…。

さて、今回も主役のトラ猫、マーフィを中心に愉快な仲間たちがミステリー解読に一役かいます。そして毎回の楽しい会話。今回も面白かった会話、行動をちょっと抜粋しておきますね。まずはハリーがブレアに誘われた時、親友のスーザンに脅されて目が飛び出すくらい高い服を新調するのですが、それを見たマーフィ(猫)とタッカー(犬)の会話。マーフィ『私たちは服を着る必要がなくてよかったと思わない?あなたがギンガム・チェックのワンピースを着た日には目にも当てられないわ。』するとタッカーは『そういうあなたはブラジャーを四枚もつけちゃいけないのよ。』と。

ブラジャー4枚も付けてる猫ちゃんを想像してしまいました。

もう一つ、大笑いしたのは今回は人間嫌いなオポッサム(カンガルーのような袋を持っているネズミ)が登場するのですが、このオポッサムとマーフィ、タッカーが3人で並んで馬用の毛布をかぶっておしゃべりしてるところへハリーがやってきて、その毛布をめくるんです。ハリーはマーフィとタッカーがいるのは分かっていたのですが、オポッサムまでいるとは思わなかったのでビックリ仰天。でも、それ以上に驚いたのがオポッサム。あんまり驚いたので、思わず死んだふりしちゃうだって。

ネズミが死んだふりなんて、面白〜い。

他にもハッとする会話、思わず笑ってしまう会話など満載。
今回も面白くって、最後はほのぼのして満足しました。
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
町でいちばん賢い猫

icon
icon
町でいちばん賢い猫
icon(PC専用リンク)
町でいちばん賢い猫
icon(携帯専用リンク)
価格:840円
著者:リタ・メイ・ブラウン/スニーキー・パイ・ブラウン

総評:★★★★★+A

シリーズもので、これが第一作目となります。興味深いことは、著者の連名で名前が載っている『スニーキー・パイ・ブラウン』の覚え書きが、本の冒頭に書かれていることです。それによると『ミセス・マーフィはスニーキー・パイによく似ている』のだとか。種明かしをするとスニーキー・パイは著者、リタ・メイの飼い猫。そして本の中では、マーフィとタッカー、そして養母のハリーが連続殺人事件を解明していく、ちょっとコミカルなミステリー小説。

この本の面白さはサスペンスの謎解きの他に、猫や犬たちから見た『人間』が抑揚のないまま書かれているところです。中でも興味深かったのが37項目のマーフィとピュータの会話。一部抜粋しますと、『リスでさえどんぐりの不作を見込んで出産を控えるのに、人間は食料が足りなくても繁殖しつづけてる。おまけに病気の子まで選り分けずに育てる。心の病気に体の病気。もし、わたしに弱い子ができたら始末するわ。そうすることが他の子たちに対する義務だから。』と、いうような会話がされて、そのくせ戦争では平気で何千、何万人と殺しあうくせに、と続きます。

これは一種の著者からのメッセージなのでしょうね。

で、このあと『ほんとうのところ、人間が何百万単位で死んでもどうってことないけど、ハリーには死んでほしくないわ。』というまとまりで終わります。私もハリーには死んでほしくない‐彼女は誰よりも正直で、誰にでも平等だから‐魅力的な女性ですよ、ハリーは。その他に、この小説を読む前に簡単に登場人物(?)を紹介しますと、トラ猫のミセス・マーフィ、コーギー犬のティー・タッカー、スーパーで飼われているデブ(失礼!!)猫ピュータ、あと、チョイ役でマーフィの元夫パディなどがいます。

この愉快な仲間たちの行動や会話は凄く面白いので、ぜひ一度その手に取って彼女たちの冒険の世界を味わってみて下さい。
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
アルバムをひらく猫〜★追記です★

icon
icon
アルバムをひらく猫
icon(PC専用リンク)
アルバムをひらく猫
icon(携帯専用リンク)
価格:903円

著者:リタ・メイ・ブラウン/スニーキー・パイ・ブラウン
総評:★★★★★++A

読み終わったら評価があがりました。別名『ミセス・マーフィと愉快な仲間たち』とタイトルを付けたいです。【アルバムをひらく猫〜ミセス・マーフィと愉快な仲間たち】という感じ。

実際問題、本当に猫が人間のように頭が働き、犯人が分かったとしても、それをどうやって伝えるのだろうと思っていました。彼女たちは実に見事に犯行現場を『愚かな人間』が荒らす前にさっと入り込み、その素晴らしき嗅覚や眼力で見落としたものはないかつぶさに探し、さりげなく警官のリックに教えたりします。警官のリックもその賢さに唸っていました。もっと興味深かったのはハリーが襲われた時、どうやって小さな生き物が人間と戦うかということです。その見事な連係プレーには惚れぼれしますよ。

あと、内容とは関係ない話なんですが、著者の連名『スニーキー・パイ・ブラウン』は、著者が飼っている猫の名前なんだそうです。なんで二つ名前があるのか不思議でしたが、あとがきに書いてありました。著者の動物に対する愛情が伺えますね。他に驚いたのは海外の同窓会の規模の大きさ。規模って言うか凝りよう?例えばネームプレート一つとっても、それぞれの名前の上に『もっとも成功しそうな生徒』とか『一番遠方から来た人』、『なんでも上手な生徒』など、それぞれの同級生にピッタリの肩書を付けたり、中には同窓会の準備を手伝うために2か月も前から下宿する人までいましたよ!!日本じゃ考えられないですよね。

ところでこれ、シリーズものでした。シリーズすべてが翻訳されてるわけじゃないんですが、日本で出版されてるのはこの【アルバムをひらく猫】を含めて8冊。面白かったんで、最初に出版された順で【街で一番賢い猫】【雪の中を走る猫】【かくれんぼが好きな猫】と3冊買っちゃいました。届くのが楽しみです〜♪
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
アルバムをひらく猫

icon
icon
アルバムをひらく猫
icon(PC専用リンク)
アルバムをひらく猫
icon(携帯専用リンク)
価格:903円

著者:リタ・メイ・ブラウン
総評:★★★★★+

海外のミステリー小説です。海外小説を読むのは久しぶりなんで、慣れるまでちょっと時間がかかりました。というのも海外小説では『人の名前と顔』が一致するまで時間がかかるのです。もちろん顔と言っても小説なので、自分の中の想像図なんですけどね。海外の場合、名前だけだと女性なのか、男性なのか、判断できない時があるんですよ。だから最初は冒頭にある名前と人間関係の略図と交互に見ながら読み進んでいきました。

小説の内容なのですが、主人『猫』のミセス・マーフィーが事件を解決するらしい…(どーやって?)というミステリー小説と思って読み始めたのに、最初はなかなか事件が起こらなくて。ただのドラマ小説?って雰囲気でした。でも主人猫のミセス・マーフィーの他にちょっとおでぶな猫とのんびり屋のわんこが、理論家で堅実家のハリーを囲み、いろいろしゃべる姿がおかしくって飽きませんでした。ハリーは動物の言葉が理解できるの?と思っちゃいました。それに彼女は離婚してるんだけど、最後は幸せになるのかな?そっちも気になります。

さあ、そうこうしているうちに、ついに最初の事件が発生!!殺された人は眼と眼の間を拳銃で撃たて…。今2/3くらい読み終わったところです。これからどうやってこのデコボコ3匹コンビが事件を解決していくのか楽しみ。読み終わったら続きを書きますね。
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search