ダレン・シャン【映画】


総評:★★★★★+
ダレンシャン公式サイト>>

監督:ポール・ワイツ

主なキャスト
ダレン・シャン(クリス・マッソグリア)
ラーテン・クレスプリー(ジョン・C・ライリー)
スティーブ(ジョシュ・ハッチャーソン)
ミスター・トール(渡辺謙)

夢にまでみたダレンの映画。もちろん公開初日に鑑賞しました。率直な感想は『展開が速すぎる』です。でもこれは長い小説を映像の中で見せるためには、ある程度仕方ないことなのですが・・スティーブがしょっぱなからミスター・タイニーの手に落ちることを見せてしまった事にはちょっとガッカリ。小説ではかなり後半にならないと暴露されない事実でしたからね。逆にいえばスピーディーで、観客を退屈させない作りにはなっていたと思います。

シルク・ド・フリークの演出は見事!でした。本来はシルク・ド・フリークというのは、障害をもった人間を捕まえて、奴隷のようにして働かせる見世物のサーカス、という意味なのですが、このダレン・シャンに登場するシルク・ド・フリークは、まったく違います。サーカスに参加している人たちは、みんな生き生きと芸をこなしています。

そしてヘビ少年のガブラとは真の親友となります。ところでガブラの鱗が徐々に濃いくなっていったことに何人の方が気づかれたでしょうか?恐らく原作を読まれてる方は気付かれたと思うのですが、映画の終わりに完全に脱皮するのかなぁ、思っていましたが残念ながら今作では脱皮しませんでした。次のお楽しみ、ということなのでしょうか。

それから人間の時の親友・・だったはずのスティーブ(本名はレパード)ですが、しょっぱなから、かなり悪役になってますね。特にマダム・オクタに噛まれる原因となったのは、ダレンと言うより、むしろスティーブにあったように描かれていましたが、原作では学校ではなく、ダレンの家で、ダレンがスティーブに見せびらかす為にマダム・オクタを出したために噛まれてしまうのです。この演出が変更されたのは、おそらくスティーブをより悪役らしく、ダレンを優等生に見せるために作られたような気がします。

その方が話の展開が分かりやすいですものね。他のストーリー展開はほぼ原作と変わっていなかったと思います。一番気になるのは、最後の結末が変更されているかどうか、ということですが今回リトル・ピープルの中に意味ありげに右足を引きずっているリトル・ピープルがいたので、おそらく変更はないのでしょう。彼が・・あのリトル・ピープルが・・と思うと胸が痛みます。

あ、最後に忘れてならないのが我らが渡辺謙さんが、ミスター・トールを演じられたことですね。ミスター・トールはシルク・ド・フリークのオーナーなのですが、謙さんがいい味を出されてましたね。それから今回は吹き替え版しかなかったので吹き替えを見ましたが、今度はぜひ字幕スーパーを見たいものです。やはり字幕の方が迫力があると思いますからね。こちらも楽しみです。吹き替え版で楽しみにしていたくぅちゃんの曲・・もっと聴きたかったな。

スリルな映画 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
パーフェクト・ストレンジャー

icon
icon
パーフェクト・ストレンジャー
icon
総評:★★★★
展開:★★★★★
公式サイト>>

主なキャスト
ロウィーナ(ハル・ベリー)
ハリソン・フィル(ブルース・ウィルス)
マイルズ(ジョヴァンニ・リビジ)

なかなか面白かったですよ。主人公のロウィーナは新聞記者。その彼女にスクープネタを提供していたのが幼馴染のグレース。ある日彼女は広告業界の大物ハリソン・ヒルの不倫スキャンダルの話をロウィーナに話したあと、変死体となって発見されてしまうのです。死の真相を暴こうと、ロウィーナはハリソンの会社へ派遣社員として忍び込むのですが…。

実際に会社へ乗り込んでみるとハリソンだけでなく、ハリソンの妻、秘書まで怪しく見えていったい誰が犯人なんだか!!??本当にキャッチフレーズの『7分前』まで(正確には7分11秒前らしい)新犯人が分かりませんでした。そしてラスト7分11秒は…かなりの衝撃でした。それにしてもハリソンの微妙な演技は絶妙でしたよ。もしかして、今回はハリソンが悪役に!!??と思いましたから。さてさて真相は??是非自分の目で確かめて下さいね。でも最後はその終わり方で良いの??と思いましたが。

最後に。いつもリンクとか、完璧にやろうと思っていたら、ついつい更新が遅れちゃって。しかもそうやって延びている間に感想まで薄れちゃって、書こうと思った時には思い出せない、っていう悪循環がおこっていたので、今度からとりあえず感想文だけ先に書く事にしました。なので公式ホームページなんかのリンクが後回しになる事もあると思いますが、ご了承ください。
スリルな映画 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
デジャヴ

デジャブ
icon
デジャブ
icon
テーマ:サスペンス
総評:★★★★
迫力:★★★☆☆
展開:★★★★★
公式サイト>>音がします。

主なキャスト
ダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)
クレア(ポーラ・パットン)

久しぶりに見ごたえのあるサスベンスでした。あらすじは、ある爆弾事件の犯人を追っていた主人公が『4日前』の映像を見て犯人捜しに協力してくれと言われたのですが、その映像が『リアルタイム』の『4日前』である事に気がついた事から、目標が事件の犯人逮捕から事件の発生を防ぐ事へと変わっていったあたりからサスペンス度200%と、大上昇。

私にとって『デジャブ』とは、夢の中の出来事なのですが、この映画では見事に『現実』の『デジャブ』を表しています。1度見ただけでも楽しいけど、2度見た方が、『あ、この場面はここにつながるんだ。』と思う場面が何度かあって、より深く理解できると思います。この映画の一番のテーマは『運命』を変えられるのか、どうか?という部分だと思います。

『運命は変えられるのか?』

私としては、自分がたどった軌跡によっての将来は一つだと思うので『変えられない』というのが結論ですが、だからこそ、瞬間瞬間を無駄なく過ごさなくては、と思います。そして映画の中ではどうでしょうか?最後の展開だけ、『ぶつくさ』言いたくなる展開でしたが、その瞬間まではとても面白かったし、矛盾するのは最後だけでした。そしてその矛盾がどうして起こったのか、過去から未来へ、未来から過去へと、考えていたら、【バック・トゥ・ザ・フィーチャー】を思い出しました。あの映画も面白いですよね。
スリルな映画 | comments(2) | trackbacks(0)
entry_bottom
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search