グラン・トリノ【映画】

観たい映画が、並ばずに、いい席で、確実に取れる

総評:★★★★★++AAA
グラン・トリノ公式サイト>>

監督:クリント・イーストウッド

主なキャスト
ウォルト・コワルスキー(クリント・イーストウッド)
タオ・ロー(ビー・バン)
スー・ロー(アーニー・ハー)
ヤノビッチ神父(クリストファー・カーリー)

さすがは『クリント・イーストウッド』。素晴らしい映画でした。映画の予告では、心を閉ざした少年が少しずつ心を開いていく映画なのかと思っていましたが、心を閉ざしていたのはクリント扮するウォルトの方でした。その昔、戦争で多くの命を奪った自分を今でも許せなでいるウォルト、そして父親がいないために男としてどう生きて行っていいか分からない少年タオ。タオは不良グループにそそのかされ、隣に住むウォルトの宝物ヴィンテージ『グラン・トリノ』を盗もうとするのですが失敗します。後日、母と姉に連れられ、お詫びにタオを働かせてくれと頼み込まれるのです。

最初は迷惑だと思ったウォルトでしたが、熱心に働くタオをやがて見直すようになり、そのうち仕事が無いというタオに働き口まで世話するようになります。これで一見平和が戻ったように見えたのですが、不良グループが再びタオに近づき焼きを入れるのです。それを知ったウォルトは激怒、不良グループの一人を傷めつけ、二度とタオに近づくなと言うのですが、これが引き金となって『暴力には暴力で返せ』の言葉通り、不良グループのいやがらせがはさらにエスカレートし、姉のスーにまで及びます。

不良グループに警告をした結果を見て愕然とするウォルト。そしてこのままでは、ロー一家に平穏が訪れる日はこない・・そう思ったウォルトが取った行動とは?最後まで不器用だったウォルト。手先は器用でも心の伝え方を知らなかっただけなんですね。それでもあれだけ偏見を持っていたモン族と親しくなった頃は楽しそうでした。笑いもあり、ユーモアたっぷりに演じるクリントの演技にも注目。映画の冒頭で『いびき』と思ったのはウォルトの『噴火』の前兆でした。前兆が来たら早く立ち去れ!ウォルトが噴火する前に!ですね。それからこの映画、タオやスーはもちろん、ウォルトの隣に暮らすモン族の家族や不良グループ役の人まで全員本物のモン族の方ばかりを集めたそうです。

『出来るだけモン族をリアルに描きたかった』のがその理由らしいのですが、わざわざモン族が集まるところまで出向き、オーディションの旨を伝え、人材を集めたとか。その労力を惜しまないクリントに脱帽。その結果、素晴らしい映画が出来上がったと思います。また、ロー一家のおばあちゃんは、映画の中ではモン語しか喋りませんが、実際モン族の言葉しか喋れないそうで、映画の中はすべてアドリブだったそうです。驚きですよね!脚本も読まず、クリントとの絡みをアドリブだけで演じたというのですから。このウォルトとのシーン、なかなかの見ものだと思いましたよ。

泣ける映画 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
おくりびと

観たい映画が、並ばずに、いい席で、確実に取れる
総評:★★★★★++A
おくりびと公式サイト>>

監督:滝田洋二郎

主なキャスト
小林大悟(本木雅弘)
小林美香(広末涼子)
佐々木生栄(山崎 努)

アカデミー受賞したということで、記念に特別上映されたので観てきました。正直、こういう映画はなるべく避けるんですよ。なぜかと言うと暗いから。ところが、この映画はただ『死』というものを描いてるのではなく、その前の『生きている』という事を描いた作品でした。生きているからおならもするし、鼻風船だってできる。そいうことが実にコミカルに描いてあって、楽しかったです。

あと、この映画をみて驚いたのですが、主人公の雅弘が故郷に帰って『納棺師』という職業についた時、友達や奥さんにもその職業を理解してもらえなかったんだけど、こういう職業に偏見を持っている人がいるってことにが驚きでした。だって、人間いつかは必ず死ぬわけで、すると誰もがお世話になる職業の方なわけですよね?だから感謝こそすれ、毛嫌いするなんて信じられなかった。私は両親を亡くしていて、若い時に葬式とか、そういうものを間近で見ているからそう思うのかもしれませんが。

映画の中でも身近な人が亡くなって、納棺してる姿を見て理解してくれましたしね。やっぱり自分が経験して初めて理解してもらえる職業なのかもしれませんね。心温まる、良い映画でした。
泣ける映画 | comments(8) | trackbacks(1)
entry_bottom
恋空
koisora.jpg
評価:★★★★
テーマ:恋愛・家族・命
公式サイト>>

ヤバいです。やばいです。ヤバいです。泣き過ぎてヤバいです。

昨日、ブレイブ・ワンを観た後30分の間にお昼を食べて第二弾の映画鑑賞に選んだ【恋空】ですが、ブレイブ・ワンですでに泣いたあとだったのに、これまた泣ける映画・・。もっと考えて選べばいいのに、泣けるというのは聞いていたのですが、まさか、ここまでとは思っていなかったんです。もともとは携帯小説でヒットして、本が出た後、映画されたらしいですね。携帯小説らしく、2人を結びつけたのは『携帯』。最初は主人公の美嘉が落とした携帯をヒロが拾うところから2人の恋が始まるのですが・・。

最初、私は2人の住む世界が違うと思いました。美嘉はどちらかと言えば『お嬢さま』。対するヒロはヤンキーとまではいかないけど、それに近い。強い信念を持ち、それを前面に押し出すタイプ。硬派?ともちょっと違う、『サラリーマンの金太郎』を高校生にしたような、と言えば分りやすいのかな?そんな感じです。最初は独りよがりの強引なアプローチに辟易していた美嘉でしたが、夏休み中携帯で何度も会話をするうちに、次第にヒロに惹かれていった美嘉。2学期が始まり、本格的に付き合い始めた二人でしたが、ヒロの元カノにいろいろ邪魔をされます。この時のヒロのかっこ良さと言ったら!!!天下一品!!!美嘉の傷ついた心も、このヒロの強い愛によって癒され、やがて美嘉も『お嬢さま』から脱皮し、『強い女』へ変身していきます。ストーリーとしてはベタベタなのに、新鮮に感じるのは、この辺の美嘉の成長が描かれているせいかもしれませんね。
続きを読む >>
泣ける映画 | comments(2) | trackbacks(0)
entry_bottom
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search