白い巨塔2【読書】


著者:山崎豊子

お勧め度62%さげ

1巻だけを読んだ時点では、同著書の【女系家族】ほどドロドロではなかったので続けて読んでみましたが、1巻よりドロドロ度が増してしまいた。1巻では五郎が可哀そうだと、五郎に肩入れしていましたが、2巻になって失望してしまいました。そして五郎に目を覚まして欲しかった。5巻まですでに読んでしまったので言えることなのですが、この2巻の出来事が後々五郎の人生に大きく関わっていくだけに、なおその想いが強くなってしまいます。

『お医者さま』という特殊な団体の中で繰り広げられるばかしあい、牽制球、わいろの数々。ゴボゴボと笑う五郎の舅。すべてのお医者さまが大河内教授や里見助教授のような人ばかりなら問題ないのでしょうが、人間の野心は計り知れないもの。ある意味、野心や探究心というものが医学の向上にも大きく関わっていることを思うと、人間の野心が全くなくなるのも問題だと思います。要は、その野心をどこに向けるか、と言うことが肝心なんだと思う。そういう意味で、大河内教授や里見さんはその向上心を医学の発展だけに向ける素晴らしい医学者だと言えるでしょう。

対する五郎はどうか・・五郎も医学の世界に入った時は真っ直ぐに医学の向上だけに心が向いていただろうに、周りの環境が彼を変えてしまったと言えると思います。いわば、彼自身も白い巨塔と言う名の黒い波に呑まれた哀れなたましい・・そう思います。

例えば第一巻で、五郎の母が財前との養子縁組を五郎のことを想ってさっさと決めて『しまった』。事・・東教授がもっと真っ直ぐな気持ちで財前と向き合っていたら・・へたな小細工せずに素直に五郎に教授の座を任せていたら・・五郎自身がもっと強い心を持っていたら・・あらゆる理由が重なって五郎は白い巨塔の中の一番黒い部分へ押し流されてしまったのだと思います。

JUGEMテーマ:読書
ブログランキング 読書感想文
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
考えてしまう物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/102
TRACKBACK BOTTOM
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search