海の底【読書】


著者:有川浩

お勧め度84%
読み易さ80%

またまた有川さんがやってくれました!!

この物語は有川さんの作品の中ではちょっとエグいと言いますか、同じ自衛隊シリーズの【塩の町】と【空の中から】を読んだ後だけあって、今度は海からどんな生き物が登場するのだろう・・とワクワクしていたぶん、衝撃が強かったのかもしれません。最初の方はちょっと吐き気さえしてしまいました。なんといっても海から出てきたものは何とも言えない、グロテクスな、恐ろしい生き物だったからです。そして数が物凄い。どんどん海からあふれて来る。

逃げ惑う人間たち。人は、ただのエサにしか過ぎなかった!!なんとか防衛線をはった人間たちですが、海から出てきた生物は、『美味しそうな』人間を求め、一向に海に帰ろうとする気配がありません。やがて『サガミ・レガリス』と名づけられたその生物の本当の正体は?人間たちはこの戦いに勝つことが出来るのでしょうか?鳥丸参謀官は自衛隊を出動させるため、危険な賭けにでます。とは言っても本人はまったく危険とは思ってなかったようですが。

本作品では、日本の法律の仕組みも書かれているのですが、いくら自衛隊の方が警察隊より攻撃力があるとはいえ、勝手に出動して武器を使う訳に行きません。手をこまねいている間にも、犠牲者がどんどん増えていったと言うのに・・。実際に、このような事が起こったら日本はどうなってしまうのでしょう?塩の町や空の中からより、【海の底】は日本が島国だけにゾッとしてしまいました。

そして最後、あっけない終わり方に有川さんにしては淡白だな〜思っていたら、最後の10行でゾクゾクして鳥肌がたちました!!最後の最後にやはりやってくれました!!

そうきたかーーー!!と唸り声。

この、最後の10行のために読む価値はあると思います。

★この物語の主な登場人物★

夏木:言葉が荒いが根は優しい海上自衛官。

冬原:夏木共々海上自衛隊の問題児。

望:潜水艦に閉じ込められた子供の一人。唯一の女の子。

翔:望の弟。

圭介:自分では気がついてないが望のことが好き。
ハラハラする物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/105
TRACKBACK BOTTOM
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search