セーラー服と機関銃【読書】


著者:赤川次郎

お勧め度80%矢印上

娯楽として読むのに最高の1冊でした。

赤川次郎さんといえばシャーロックホームズならぬ、三毛猫ホームズが有名ですが、私の赤川次郎さんの小説デビューは【お手伝いさんはスーパースパイ!】でした。赤川次郎さんが一世風靡をしている頃、洋書ばかり読んでいた私は、『赤川次郎さん』という作家さんの事は知ってましたが、その頃はまだ邦書を読んでみよう、という気にはならなかったのです。

しかし最近、邦書も読むようになり、洋書にはない読みやすさに(登場人物を認識しやすい)驚きながら、日本でも素晴らしい作品があると知り、松本清張さんなど、有名な方々の作品を読み漁っていて、最近になってから昔一斉風靡した赤川次郎さんの本も読んでみようと、ブックオフで初めて手に取ったタイトルが、【お手伝いさんはスーパースパイ!】だったのです。

この【お手伝いさんはスーパースパイ!】に関しては、面白いのは面白かったのですが、事件が単純すぎたと言いますか、最近の凝ったサスペンスになれてしまって、どこか物足りなさを感じてしまいました。とはいえ、これが赤川次郎さんの世界なんだなぁ、と感じ、その後三毛猫ホームズシリーズの1つ【三毛猫ホームズのラプソティー】と他シリーズの【象牙色のクローゼット】を読んで、次はこの【セーラー服と機関銃】を読んだのです。

さて、前置きがえらく長くなってしまいましたが、こうして手にとった【セーラー服と機関銃】ですが、今まで読んだ赤川さんの作品の中で、一番面白かったです。まず、冒頭から、あいくちを突きつけられながら車を運転している尾田医師が登場するのですが、そのような危険な状況なのに、なぜか危険を感じません。そこは赤川さん独特の言い回しが、危険な状況に何かユーモラスなものを感じされられるからだと思います。

それから舞台は悲しみにくれる主人公、星泉(ほしいずみ)へ移ります。そう、泉は突然亡くなった父の火葬場にたたずんでいました。途方にくれる中、それでも泉には哲夫、周平、智生という、泉のためなら命も投げ出す覚悟の心強い味方がいます。あと、政子も。悲しみにくれてばかりではいられない、これからは一人で生きていかなくてはならないのだから・・そう思っていた矢先、亡くなった父の彼女だった言う人が現れたり、突然『遺言だから』と、組長にされたり、果ては盗難事件、殺人事件と続き、ついには父が『運び屋』をやっていた疑惑まで浮上してしまいます。

目高組の組長には成り行き上なったものの、17歳の少女が、持ち前の負けん気の強さと判断力で大人顔負けの行動に胸のすく物語です。最後の方で『太っちょ』に捕まった時は、もうどうなることかと、ハラハラドキドキしどうしでした。それでも弱音を吐かない泉ちゃん、あっぱれです!!佐久間さんは本当に良い人でした。それに比べ浜口は・・最初に少しでも良いとこあるじゃん、と思ってしまったことが悔しいです。

JUGEMテーマ:読書
スカ〜ッ!とする物語 | comments(6) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
薬師丸ひろこさん時代に この小説を読みました。映画も見ました。映画が先か小説が先だったか 忘れました。この映画の主人公もかわいそうでしたね。私は この組員のセリフが 子供心に 衝撃を受けたのを 今でも
覚えています。マザコンとは違う母親のぬくもりを求める組員 渡瀬さんのセリフ 狂犬?他 太っちょの娘もかわいそうでしたね
濡れ場シーンもいろいろ思ったかなぁ。
村石 太1832号名古屋
2010/02/07 12:57 PM
セーラー服と機関銃 やくざ小説 やくざ映画でしたね。やくざが 哀れで悲しい
機関銃で打ち込んで 快感 それで 人生は終わらない。でも漫画みたいなストーリーですね。漫画読む気分で読める?赤川次郎さんの作品で 孤独な独裁者が おもしろいなぁ
こちらのが もっと漫画みたいかなぁ
アルトラマン 小説
2010/02/07 1:01 PM
村石 太1832号名古屋さま。

こんにちわ。コメントありがとうございます。

2週間くらい前でしたか、薬師丸ひろ子さんが笑っていいとものテレフォンショッキングに出られてて、この時のフィーバーぶりについて語られていました。
本当に、この時の熱狂振りは凄かったですよね。
太っちょの娘さんっていうのは小説の方では出てこなかったと思うので、映画の方で登場されたのでしょうね。
今度DVDを借りて映画の方も観てみたいと思います。
2010/02/07 2:40 PM
アルトラマン 小説さま。

こんにちわ。
そうですね、ただのやくざ映画で終わらなかったところに、このお話の深みがあると思います。
実際、漫画みたいなストーリーながら、実際のやくざの姿なども映し出し、現実的な状況も表現するところに赤川次郎さんの才能ぶりが伺えると思います。
『孤独な独裁者』ですね!ぜひ読んでみます。
情報ありがとうございました。
2010/02/07 2:44 PM
孤独な独裁者でなくて さびしい独裁者でした 大変失礼しました。華麗なる探偵?まだ読んでいません。
村石太マン&アルトラマン
2010/08/17 10:38 AM
村石太マン&アルトラマンさま。

こんにちわ。

良かった〜。探してみましたが、見つからなかったので廃盤になってるのかと思ってました。
また探してみますね。
わざわざありがとうございました。
2011/02/18 4:52 PM
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/126
TRACKBACK BOTTOM
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search