神去(かむさり)なあなあ日常【読書】


著者:三浦しをん

お勧め度75%あげ
読み易さ65%

『神去村(かむさりむら)』というのは、神隠しでさえ日常的に(?)おきる、江戸時代から忘れ去られたような、だけど携帯の電波はバッチリ通じる村。ここ住む住民は何事においても「なあなあ」と言うのが口癖。その村に勇気は親の陰謀で山師として修行するはめに。勇気は名前だけは勇ましいのだけど、なにせ横浜生まれの現代っ子。いきなり木に登って木から木へ渡り歩く芸当など出来るわけもなく、最初のうちは「せっかく育てた木を切るなんて可哀そう」。などと言う始末。そんな勇気に一から山師の仕事を教えるのが『ヨキ』こと飯田与喜。一から教えると言っても、ヨキはもっぱら勇気を置いて一人で仕事をして『見て覚えろ』タイプ。

そんな置いてけぼりの勇気に分かりやすく仕事を説明してくれるのが、山の持ち主でもある『中村清一』。三郎じいさんも陰で勇気を見守ってくれる。ホームシックになる間もなく月日が流れるが、一度だけ勇気は『神去村脱出計画』を試みる。その時出会うのが『直紀』。勇気、18歳、恋の予感。果たして直紀は勇気の運命の人なのか?ヨキは勇気の恋を知り、勇気をはやし立てる。

慣れない環境、慣れない仕事を一つづつ覚えながら少年が青年へと成長していく過程を描いている。勇気はどこにでもいる都会っ子だけど、例えば『せっかく植えた木を切るのは可哀そう』とか、夏祭りに蒲焼にして『売るために捕まえた鰻』に腹が減らないか?とえさを与えたりする所が可愛らしい。物語としては春夏秋冬で分けて描かれていて、夏祭りと冬の行事が印象的。特に冬の祭りの最後のクライマックスは迫力満点!オオヤマヅミさまに見守られながら、勇気は山を駆け巡り、山師として村の人々に認められる。勇気、一歩大人になったね!

山師の仕事の説明をしている部分は慣れない言葉などが出てちょっと読みづらいかも。三浦しをんさんの作品では以前【まほろ駅前多田便利軒】を読んだことありますが、こちらの作風とはちょっと異なるかな?【まほろ駅前多田便利軒】では大人の迷路のような感じでしたが、こちらは主人公が18歳というだけあって、新鮮でフレッシュな感じでした。途中読みづらい部分(専用用語の部分)があるけど、最後まで読んでみてほしいと思います。

JUGEMテーマ:読書
ブログランキング 読書感想文
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村
のほほんと読む物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/128
TRACKBACK BOTTOM
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search