デモナータ第一幕【ロード・ロス】

icon
icon
デモナータ第一幕 ロード・ロス
icon
価格:1,575円
評価:★★★★★+
著者:ダレン・シャン

本当に怖いです。特に最初のグラブスのいたずら…。あれがジョークと言えるのでしょうか?日本でいたずら小僧の代表と言えば『カツオくん』でしょうが、カツオくんがあれほどのいたずらを考え付くとはとても思えません。もしかしたら、外国では『これくらい』なら悪いジョークとしてとらえられるのか…?だとしたらカルチャーショック(死語)です。まあ、この話はほんの最初の序章のような感じで書かれたいたので、私もここではスルーしたいと思います。(序章だけで十分怖い)

1幕で一番ワクワクする場面はもちろん『ロード・ロス』と戦う場面ですが、次にワクワクした場面が最初に悪魔と遭遇して、そこから逃げるグラブスの能力です。そう、彼は真の魔術師。しかも何百年に一人、いや、もしかしたら何千人一人現れるかどうかの逸材。しかし、あまりにも素質がありすぎて、幼少のころからその才能を押しとどめていた。つまり、普通の魔術師なら、その才能にウキウキしてすぐ力を試そうとしたけど、グラブスの場合、あまりにも凄い力だったため、本能的にその力を隠してしまった。それも凄い才能。魔術師から魔術の才を隠すことができること自体、凄いんだって。まあ、その話はこの1幕では出てこないので、これ以上は伏せておきましょう。
こうして、この本の前半でグラブスがなんらかの力の持ち主だという事は分かりました。しかしこの幕ではもっと重要な秘密が明らかになります。それはグラブス一族の秘密…。この一族は何千年も前から呪われているのです。その呪いとは、一族の血をひくものは思春期の頃、狼人間に変身するというもの。しかもこの狼人間はいったん完全に変身してしまうと元に戻る事は決してありません。一生を檻の中で過ごさせるか、はたまた一族の専門の殺し屋に頼むか、あとは恐ろしいロード・ロスと勝負するか…。まさに究極の選択です。普通の親なら、可愛い子供を一族の殺し屋になんて、と思うかもしれません。しかしいったん狼人間になれば二度と元の姿には戻らず、愛する人の声は聞こえないのです。檻の中で異様な黄色い目をして牙をむく我が子を見て、通常の親の愛ではどうにもならない現実を目の当たりにしたら?私でもどうするか分かりません。この本は、このように怖いだけじゃなく、親子愛のあり方にも問いかけているんです。

さすがは児童書。
ハラハラする物語 | comments(4) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
あの『呪い』は第一幕からあるんだっ!!
コワッ((゚Д゚ll))
なんとか金を使わず読んでやろうと図書館に行ったけど探せなかった。
てか、これ児童書なん?じゃぁ探してたコーナーにはないわな(笑)
来週、調べ物しに行くから図書館のお姉さんに探してもらっちゃお♪

児童書と分かり、読みやすそう〜と安心した私って。。(^-^;
ごろた
2008/05/25 8:29 AM
ごろちゃん、おはよ〜♪
アハ☆確か、同じ系統(?)の児童書でハリー・ポッターは図書館にあると思うよ。図書館に検索ボックスみたいなのがあると思うから、そこで著書『ダレン・シャン』で調べるのが早い。ダレンの書いた本はこれと、もうひとつは著者と同じ名前の【ダレン・シャン】しかないから。彼が言うには、彼本人が【ダレン・シャン】に出てくる主人公、吸血鬼ダレン・シャンという事らしい。

さすが吸血鬼、怖い話、いっぱい知ってるね(^_-)-☆。このデモナータに比べたら、ダレン・シャンはあまり怖くないよ☆デモナータが無くて、もし【ダレン・シャン】があったら、『著者ダレンの世界』の入門書としてはお勧めよ(^^)
2008/05/25 8:41 AM
僕も読みました。
確かにねずみのはらわた・・・グラブスは
一体どんな教育を受けていたのでしょう?
F
2011/02/23 6:45 PM
Fさま。

お返事遅くなって申し訳ございません。
確かに、どんな教育受けてきたんだ?って思っちゃいますよね(汗)
続きは全部読まれたのでしょうか?残念ながら私はまだ全部読んでないです。この春に調理専門学校を卒業して、やっと時間が出来るのでまた読んでいきたいです。

コメントありがとうございました。
2013/03/26 10:06 PM
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/40
TRACKBACK BOTTOM
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search