007ドクター・ノオ

icon
icon
007/ドクター・ノオ
icon(PC専用リンク)
007/ドクター・ノオ
icon(携帯専用リンク)
価格:1,990円(33%off)

総評:★★★★+
公式サイト>>

監督:テレンス・ヤング

主なキャスト
ジェームス・ボンド(ショーン・コネリー)
ハニー・ライダー(ウルスラ・アンドレス)

007の新作を観た流れで、どうせなら最初っから観てみようとシリーズまとめて借りてきました。当時の邦題は『007は殺しの番号』だったそうですが、今は【ドクター・ノオ】の方がしっくりきますね。とか言いつつ、私、題名をずっと【ドクター・ノア】と記憶違いしておりましたが。それじゃノアの方舟か!って言われちゃいますね。余談はさておき、この映画はもう何回も観てるんですが、今観ても新鮮に見れるところは、さすがだと思います。撮影技術としてはやはり『みえみえ』だなぁ、と思う部分もありますが、カーチェイスや最後の爆発のシーンなど、当時としては大変な技術がいったんだろうな、と思います。みんなが『竜』と言って恐れていたガスバーナー付きのトラクターには笑っちゃいましたが。

その他に私が一番注目したのが、最初にボンドが登場するシーン、ショーン・コネリーがタバコに火をつけながら、「ボンド」。「ジェームス・ボンド」と名乗るあのシーンです。同時に『チャチャ、チャチャ〜〜ン』と音楽が入り、これがジェームス・ボンドが生まれた瞬間なんだ、と思うとちょっと感動してしまいました。映画の内容は今さら言わなくてもいいと思うので省きますが、最後のノオとの戦いの場面は、当時はもっと白熱したバトルだったような気がしましたが、今回見たらあっさり終わってしまいました。それだけ最近のバトルシーンに目が慣れちゃってるのでしょうね。

何のシリーズでも最初が面白くないと、あとが続かないわけで、そういう意味でもこの映画は素晴らしい作品だな、と思います。
迫力ある映画 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/59
TRACKBACK BOTTOM
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search