不知火海【読書】


著者:内田康夫

総評:★★★☆☆


この本、読み始めは気がつかなかったのですが、私の好きなサスペンスの浅見光彦シリーズものの小説でした。坂本氏はある雑誌の記者で、離婚して引っ越したアパート先の隣にたまたま住んでいた米村氏に、しばらく部屋に帰れないので代わりにある荷物を預かってほしいとアパートの鍵を渡されます。そうして預かった荷物でしたが、米村氏から連絡がなかったため、その荷物の中身を見たら、なんとガイコツだった−。

途方にくれた坂本氏はある人物に相談を持ちかけます。その人物こそが、浅見光彦その人だったのです。最初は素人とは思えない洞察力の鋭い人が現れて、『この人何もの?』と思っていたらその人の兄がどうやら警察官の幹部のほうにいるらしい事が分かったところで鈍い私もやっと思いだしました。

浅見光彦シリーズはサスペンスシリーズの中でも人気あるシリーズですものね。そこからはガイコツが何者なのか、米村氏はどこにいったのか、少ない手がかりを頼りに浅見光彦は九州へ向かいます。推理を解いている間は面白かったのですが、終わり方が『え?それで終わり?』って感じで物足りなかった。それに、このシリーズの一番面白いところ−地元警察が浅見氏をうさん臭がり、身元を調べたところ、警視庁のお偉いさんが兄だったと分かった時のパフォーマンスが味わえなかったのは残念。

あれがこのシリーズ一番の見どころでもありますものね。でもまあ、浅見光彦さんの推理をしている間は面白かったですよ。サスペンスを何度か見てるせいか、光彦さんがハンカチで汗を拭きながら歩いてる姿なんか想像しちゃって、楽しかったです。
その他の物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/75
TRACKBACK BOTTOM
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search