レッドクリフ・パート2【試写会】

観たい映画が、並ばずに、いい席で、確実に取れる

総評:★★★★★+A
レッドクリフ・パート2公式サイト>>

監督:ジョン・ウー

主なキャスト
孫権(チャン・チェン)
周癒(トニー・レオン)
諸葛亮孔明(金城武)
小喬(リン・チーリン)

レッドクリフパート?の試写会行ってきました。三国志のお話だったんですね。中国の映画というのは知ってましたが、他に予備知識がないまま行きましたが、実は孫権好きの私には楽しい映画でした。そして周癒も好きな私はこの2人が主人公として描かれた映画だと知り嬉しかったです。ただ、曹操に関しては、この映画のなかほど嫌なイメージはなかったのでちょっと驚き。映画用に曹操を悪者に仕立てたんだと思いました。

それにしても、この映画には孫権の美しい妻と周癒の妹が出てきますが、私が読んだ三国志の小説には、そんな女性が登場したかなぁ?と記憶がなく、今度本をまた読み返さなくては、と思いました。他には諸葛亮孔明が10万の矢を敵から奪う作戦や、相手の軍師を陥れる作戦などは記憶に残っておりました。途中で『風林火山』が出てきますが、あれって信玄公が残した有名なセリフですよね。字幕スーパーでしたので、日本人の私たちに分かりやすく『風林火山』の言葉で表したのでしょうか。

それから本当の三国志の主人公『劉備玄徳』はこの映画にはほとんど登場しません。だから劉備ファンにはなんとも物足りない映画でしょう。今度は劉備を中心に描いた、そして曹操も実歴では天下人となったわけですから、日本でいえば徳川家康のような人。彼から見たレッドクリフも見てみたいものだと思いました。

最後に敵軍に忍び込んでいた周癒の妹が敵の男性に恋をするのですが、戦場の中でその男性を見つけ再開を果たしますが、あれはかなり不自然でした。『浮いてる』としか言いようがありません。他のところが面白かったので、その部分が残念で仕方ありませんでしたし、あのシーンは要らないと思いました。
迫力ある映画 | comments(2) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
レッドクリフ面白い映画でしたね
すっかりはまってしまいました。
風林火山は信玄公の残した言葉ではなく元々は孫子が作った漢文だったはずです。現地の中国の方が使ってもなんも不思議もないんですよ。
それにしても趙雲かっこよかった。映画開始20分で虜になってしまった
O3104C
2009/05/03 2:37 PM
O3104Cさま♪

こんにちわ。

>風林火山は信玄公の残した言葉ではなく元々は孫子が作った漢文だったはずです。

そうなんですか。私は歴史小説が信玄デビューだったので、てっきり信玄が最初に言った言葉なのかと思ってました。ご指摘ありがとうございます。

趙雲かっこ良かったですよね。
これでレッドクリフの戦いは終わりましたが、出来れば続編も見てみたいと思います。
2009/05/03 2:57 PM
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/82
TRACKBACK BOTTOM
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search