おっぱいバレー【映画】

観たい映画が、並ばずに、いい席で、確実に取れる

総評:★★★★★+A
おっぱいバレー公式サイト>>

監督:羽住栄一郎

主なキャスト
寺島美香子(綾瀬はるか)
堀内健次(青木崇高)
城 和樹(仲村トオル)

音楽が良かった。特に昭和30年代〜40年代生まれの人にとっては、青春時代に流行った曲が次々とかかるので、フラッシュバックして若い頃の気分で映画を見る事ができると思います。とりわけ私はピンクレディーのファンだったので、映画の出始めが【渚のシンドバッド】だったのは感動ものでした。それに場所も北九州と、私が住んでる場所からさほど遠くない所が舞台で、ますます身近に感じて観ることができて楽しかったです。

映画の内容は予告で皆さんご存知の通りなんですが、バレー部のばかっぷりは半端じゃないですよ。オープニングでは80キロのスピードで風を受けながら手のひらをかざすとおっぱいの感触が分かると、真剣に実験してみたり、隣のテニス部の更衣室を覗こうと壁に穴を開けたり・・。思春期の男の子は大変だね。

でも一方で友達と一致団結する強さも彼らは見せてくれます。

おっぱいのためだけど。

主人公の綾瀬春香さん演じる寺島先生は、前の学校で、ちょっとしたトラブルがあったみたい。その事が彼女の心にときどき影を射すのですが、普段は生徒の事を一途に思う若い女教師。バレー部の担当になった時も、本屋でバレーの練習法などが書かれた本を読みあさり、熱心に勉強する一途な先生。

しかし、どんなに熱心にやっても、また失敗してしまった寺島先生。失意のなか、かつての恩師の前で涙を見せるのですが…。

そして寺島先生は、やはり生徒の元に走るのでした。
君たちは私の生徒なんだって事を伝えに・・。

ただのお笑いだけじゃ収まらない、感動作でした。

笑える映画 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/83
TRACKBACK BOTTOM
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search