三匹のおっさん【読書】


著者:有川浩

漫画:須藤真澄

お勧め度80%矢印上

面白かった!

読み始めはちょっとむかつくガキとか出てきて、どうなってんだ?なんか暗い感じって思ったんだけど、それも最初だけ。読み進むうちに、むかつくガキも捨てたもんじゃないじゃん、と思った。そして三匹のおっさん。「俺たちのことはジジィと呼ぶな、おっさんと呼べっ」て、ジジィとおっさんに違いがある??とか思ったけど・・まあ、考えてみれば私も「ババァ」って呼ばれるより「おっかさん」って呼ばれる方が、はるかに精神衛生上良いかな?

さて、この三匹のおっさんたちが繰り広げる6つのお話。一番面白かったっていうか、ジーンときたのは『結婚詐欺騒ぎ』。やっぱり日頃思っていることは素直に口にしないと、相手に気持ちは伝わらないよね。登美子さんが「この声に」ってところは泣けた。次に面白かったのは『モデル詐欺騒ぎ』。もおなんと言っても読みどころは最後の早苗ちゃんの大胆行動!!しかも則夫(早苗ちゃんのお父さん)が影でそれを見ていたもんだから、そりゃ大変。則夫さんのジタバタぶりが面白い。

他にも清一さんが竹刀を持った時の凛々とした姿がかっこいい『恐喝騒ぎ』、祐希くんと早苗ちゃんの出会いのエピソードとなる『痴漢騒ぎ』、今の世の中の問題を浮き彫りにした『動物虐待騒ぎ』や『悪徳商法騒ぎ』などバラエティに富んだ物語であっという間に読み進んでしまいました。

出来れば続編も期待したいです。

最後にこの本の挿絵に書かれているイラストは、著者の有川浩さんが熱望されて漫画家の藤真澄さんに頼まれたそうなんですが、熱望されただけあって三匹のおっさんの特徴がすごく上手に描かれていると思いました。そして面白いな〜と思ったのが、表紙の裏に書かれている(物語が始まる前の)三匹のおっさんの服装と、物語が終わって最後に書かれているおっさんの服装の違い。物語を読み終わって見比べてみてほしいと思います。

☆主な登場人物☆

清田清一:定年退職を迎え、嘱託勤務をしている。剣道の達人。

立花重雄:居酒屋を経営、柔道の帯はジャージと同じ黒色。

有村則夫:三匹の参謀役。実は三匹の中で一番怖い?

早苗:則夫の一人娘。亡くなった妻の忘れ形見。いい娘。

祐希:清田の孫。今時の子供らしく生意気な口をきく。
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
Comment
コメントする









entry_bottom
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://heart.hime-non.moo.jp/trackback/92
TRACKBACK BOTTOM
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search