セーラー服と機関銃【読書】


著者:赤川次郎

お勧め度80%矢印上

娯楽として読むのに最高の1冊でした。

赤川次郎さんといえばシャーロックホームズならぬ、三毛猫ホームズが有名ですが、私の赤川次郎さんの小説デビューは【お手伝いさんはスーパースパイ!】でした。赤川次郎さんが一世風靡をしている頃、洋書ばかり読んでいた私は、『赤川次郎さん』という作家さんの事は知ってましたが、その頃はまだ邦書を読んでみよう、という気にはならなかったのです。

しかし最近、邦書も読むようになり、洋書にはない読みやすさに(登場人物を認識しやすい)驚きながら、日本でも素晴らしい作品があると知り、松本清張さんなど、有名な方々の作品を読み漁っていて、最近になってから昔一斉風靡した赤川次郎さんの本も読んでみようと、ブックオフで初めて手に取ったタイトルが、【お手伝いさんはスーパースパイ!】だったのです。

この【お手伝いさんはスーパースパイ!】に関しては、面白いのは面白かったのですが、事件が単純すぎたと言いますか、最近の凝ったサスペンスになれてしまって、どこか物足りなさを感じてしまいました。とはいえ、これが赤川次郎さんの世界なんだなぁ、と感じ、その後三毛猫ホームズシリーズの1つ【三毛猫ホームズのラプソティー】と他シリーズの【象牙色のクローゼット】を読んで、次はこの【セーラー服と機関銃】を読んだのです。

さて、前置きがえらく長くなってしまいましたが、こうして手にとった【セーラー服と機関銃】ですが、今まで読んだ赤川さんの作品の中で、一番面白かったです。まず、冒頭から、あいくちを突きつけられながら車を運転している尾田医師が登場するのですが、そのような危険な状況なのに、なぜか危険を感じません。そこは赤川さん独特の言い回しが、危険な状況に何かユーモラスなものを感じされられるからだと思います。

それから舞台は悲しみにくれる主人公、星泉(ほしいずみ)へ移ります。そう、泉は突然亡くなった父の火葬場にたたずんでいました。途方にくれる中、それでも泉には哲夫、周平、智生という、泉のためなら命も投げ出す覚悟の心強い味方がいます。あと、政子も。悲しみにくれてばかりではいられない、これからは一人で生きていかなくてはならないのだから・・そう思っていた矢先、亡くなった父の彼女だった言う人が現れたり、突然『遺言だから』と、組長にされたり、果ては盗難事件、殺人事件と続き、ついには父が『運び屋』をやっていた疑惑まで浮上してしまいます。

目高組の組長には成り行き上なったものの、17歳の少女が、持ち前の負けん気の強さと判断力で大人顔負けの行動に胸のすく物語です。最後の方で『太っちょ』に捕まった時は、もうどうなることかと、ハラハラドキドキしどうしでした。それでも弱音を吐かない泉ちゃん、あっぱれです!!佐久間さんは本当に良い人でした。それに比べ浜口は・・最初に少しでも良いとこあるじゃん、と思ってしまったことが悔しいです。

JUGEMテーマ:読書
スカ〜ッ!とする物語 | comments(6) | trackbacks(0)
entry_bottom
猫を抱いて象と泳ぐ【読書】


著者:小川洋子

お勧め度79%矢印上

題名から、最初はファンタジーかと思いましたが、チェスのお話でした。最初は名のない少年の幼少期のお話で、とめどもない物語が続くのですが、マスターが登場したあたりから話がまとまってきて、しかも名のない少年の底知れぬ才能が泉から湧き出てくるかのような想いに思わずゾクゾクとして読み進めました。

以前に【ヒカルの碁】というアニメにハマッたことがあったのですが、その作品の中の『サイ』が、この物語の『マスター』であり、『ヒカル』が『リトル・アリョーヒン』だと思いました。そして盤上の上は『宇宙』、そう例えるのは囲碁と変わらないんだなぁ、と思いました。囲碁にしても、将棋にしても、チェスにしても、共通するのは二人で行う競技で、1対1だからこそ生まれる、息吹のようなものを感じました。なんて深い世界なんだろう・・と思います。

私はチェスも、囲碁も打ったことはないのですが(囲碁はヒカルの碁にはまった時勉強はしましたが)、その奥深い世界にいつも吸い込まれてしまします。限られたマスの中で、たった一つとして同じ対局は生まれず、無限の形があり、また優れた棋士になると棋譜を見るだけで、その対局を打った人物がどういった人物だったか分かるというのですから、すごいなぁ、と思います。

続きはチョイ、ネタバレです。
JUGEMテーマ:読書

続きを読む >>
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
赤い指【読書】


著者:東野圭吾

お勧め度67%あげ

全体的には暗い物語なのですが(まあ、明るいサスペンスというのもあまりありませんが)、この物語は暗さが際立っているといいますか、人間の薄汚れた部分が浮き出て憤りを感じてしまいました。我が子しか愛さないおろかな母親、その母を(つまり妻)の言いなりの父親、そして我がまま放題に育った子供、直己。

誰が悪かったと、考えるのも吐き気がするほど身勝手な犯罪。だけど、こういった犯罪があとを絶たないのは、前原のような家庭が氾濫しているという事なのでしょうか・・。そしてこの物語の中で異彩を放っている『加賀』。彼は父親の見舞いにも行かないような冷たい人間なのに、事件の調査に関しては人一倍鋭く、また、事件解決後の事まで心を痛めながら調査をする人物。

果たして彼はどちらが本当の姿なのか、最後の1ページでそれが分かるのですが、その時はちょっと感動してしまいました。

『赤い指』というのは、親が我が子の間違いに気がついてほしい、というメッセージだったのですが、もし、その間違いに子供が気がつかなかったら政恵はどうするつもりだったのでしょう?たぶん、これは私の想像でしかないのですが、その時は諦めて我が子の過ちを受け入れるつもりだったのでしょう。

親の愛というのは、本当に本当に深いものですね。

JUGEMテーマ:読書

考えてしまう物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
悼む人【読書】


著者:天童荒太

お勧め度78%あげ


奥の深い読み物でした。静人はだた、たんに亡くなった方を悼む(いたむ)為に旅をしている訳ですが、様々な死を見るにつけ、思い悩みます。その中で一番辛いのが亡くなられた遺族の方に誤解される事だと言います。私も読み進んでいる間は(どうして静人の純粋な気持ちが理解できないんだ)、と憤りを感じましたが、読み終わって自分に問いかけてみました。

うちの母は病気で亡くなりましたが、果たして、静人が突然、我が家の前にやって来て、母の死を悼む為にやってきましたと言われたら、やはり戸惑うし、なんの宗教団体?と思うでしょう。

では、何の為に静人はそんな報われない旅を続けているのでしょうか?言い方は悪いのですけど、私はひとえ自己満足のような気がします。実際、静人自身がそうしないではいられない、という感情に突き動かされていると言っています。亡くなった方がどのような人を愛し、愛されたか、静人の心に刻むことによって、彼自身の平安を得ているのかもしれない・・。

最後に、作者は1つ1つの死の重さと同時に、最近の『なぜ…』と首をひねりたくなるような残忍な殺し、また動機、にもメッセージを送っているのかもしれないと思いました。

JUGEMテーマ:読書

考えてしまう物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
空の中【読書】


空の中(PC専用リンク)

空の中(携帯専用リンク)



価格:1,680円

獲得P:16ポイント

セブンイレブン受け取りで手数料無料



著者:有川 浩



お勧め度91%矢印上矢印上



空に浮かんでいるのは雲だけではなかった・・!!



空の中で起こった飛行機事故が2件続けて起こり、春名が事件調査に指名される。最初はつっけんどだった武田パイロットだったが、事件関係者の中の唯一の生き残りで、春名の誠意にも押され、再び空の中へ何があるのか確認しにいくのであった・・。



有川さんの小説は毎回熱々ロマンスが仕込まれていますが、今回もばっちり楽しませていただきました。そして恋愛だけではなく、宮じいや春名など、魅力たっぷりの登場人物もたくさん。



その中で、やはり一番興味深いのは『白鯨』です。



もともと1つの生き物だったため、白鯨は争うことがなかった。それがバラバラになったとき、実に興味深いことが起こります。分かりやすくいうと、『過激派』と『傍観派』『平和主義派』に分かれてしまうのです。これって人間そのものって気がしました。そして人が白鯨のように心をひとつにすることが出来れば、素晴らしい世界になるんだろうなぁ、と思わずにはいられませんでした。



そしてフェイクが最後に得た幸せ。



赤ちゃんが母親の胎内にいる時のように、溶け込んで安心感を得ていくさまが感動的で心が震えました。
心暖かくなる物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
パラドックス13【読書】


著者:東野圭吾

お勧め度85%矢印上

毎回、東野さんの作品を読むたびに、彼の才能には『底』というものがないのだろうか?と驚愕されますが、今回の作品【パラドックス13】は今まで一番、衝撃的を受けました。

内容は突然世界中の人々が消えてしまう怪事件からはじまります。冬樹は兄と一緒に、凶悪犯を追いかけていたはずなのに・・犯人が自分に拳銃を向けて発砲した・・はずじゃなかったのか・・。とまどいながら、突然消えた人々を探し始める冬樹。どこをどう探しても誰も見つからない・・絶望しはじめた冬樹の前に母娘の親子が現れ、自分だけじゃなかったと希望をもち、さらに探しているうち、やっと13人の生存者たちを見つけるのだが・・。

なぞは沢山あった。まず、なぜ人々が突然消えてしまったのか?生き残った人々はなぜ助かったのか?共通点はまったくないように見えた生存者たちは、ともかく、再び生き残るために共同生活を始める。最初は、それこそ食べ物もあふれ、コンビニからレストラン、食べ物がある場所へ移動していけば13人が生き残れるのかと思ったけど・・生の食べ物はどんどん腐っていき、インスタント食品も電気が切れてしまえばお湯もレンジも使えず、食べられる食材はどんどん限られていく・・。

しかも、老人は移動するのも困難な状況に。そこへ天災につぐ天災。まるで地球がなぜ13人生き残っているんだ・・と言わんばかりに生き残った人々を苦しめる…。洪水、地震、安全な場所がどんどんと限られていく中冬樹がとった行動は・・?職業も年齢もバラバラの人間がなぜ残ったのか?その事実を知った時、驚愕の事実に残った人々は愕然とするのだった・・・。


常識ってなんだろうって改めて考えさせられました。道徳というものは、人が安全に生きていけると確証があって、初めて成り立つものなんだと思いました。あと一つだけ分からないことが、誠哉が冬樹と最初に再会した時の行動。冬樹は巡査なんだから、拳銃を持ってるのは分かってる事、わざわざあんな回りくどいこと、なんでする必要があったのか、分かりませんでした。


☆生き残った人々☆

久我誠哉、刑事。その弟冬樹、巡査。白木栄美子、主婦。ミオ、栄美子の子供。新藤太一、フリーター。小峰義之、サラリーマン。戸田正勝、小峰の上司で建築会社の専務。中原明日香、高校生。山西繁雄・春子、老夫婦。富田菜々美、看護婦。勇人、赤ちゃん。河瀬、ヤクザ。
ハラハラする物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
白い巨塔【読書】


著者:山崎豊子

お勧め度82%

今更の、【白い巨塔】を読んでみました。まず最初に以前読んだ山崎さんの作品のことをちょっと書かせて頂きたいのですが、その作品は【女系家族】という作品で、ある商家―女性が代々商いを受け継いでいくという家系の、遺産相続をめぐっての腹のうちを探り合いを描いた、ドロドロの作品だったのですが、そのドロドロ具合がエグ過ぎ、スゴ過ぎで気分が悪くなってしまいました。

そういったことがありましたので、村上さんの時のように山崎さんの作品もあまり読みたくないなと思っていたのですが、やはり1つ、2つ作品を読んだだけで否定してしまうのはアレなんで、山崎さんの作品の中で有名なこの作品を読んでみた訳です。

内容については、私がいまさら語ることはないと思うのですが、一応軽く触れておきますと、大学付属病院の教授の座を巡っての医者同士の腹の探りあいを描いた作品で、人間の内面が鋭く描いています。お互いに『自分が有利になるためにはどうすればいいか・・』相手に気を使う『ふり』をしながら、牽制球を投げあう人間と人間のぶつかり合い。そういったことが描かれています。

女系家族にくらべ、こちらは男同士だからでしょうか、女系家族ほどのドロドロは感じられず、面白く読むことが出来ました。まあでも、まだ1巻を読み終わっただけなので、2巻、3巻となるにつれ、『うわ〜』というほどドロドロになるのかもしれませんが・・。

今のところ、私は五郎に教授になってもらいたいです。そしてこういう『出世』にまったく興味のない医学だけに生きる里見がどうなるのか、東教授の腹黒い思惑のために教授の座争いに巻き込まれた菊川はいったいどうなるのか?さらに東の一人娘、佐枝子の恋も気になるし・・早く2巻を読みたいと思います。

続きは、主な登場人物です。
続きを読む >>
考えてしまう物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
塩の街【読書】


著者:有川 浩

お勧め度78%矢印上

有川さんの作品にはまって、読みあさっています。この【塩の街】は記念すべき有川さんのデビュー作。有川さんの作品にはいつも最後にご本人からのメッセージが書かれていますが、この作品はこれで新人賞(?)をとって、あとから文庫本にするときに、いろいろと設定を変える事を求められたらしいのですが、妥協したところと、どうしても譲れないところ、そして書くのにとても苦労した人物設定なんかもあったらしいですね。

最初は、そういうこと知らないから無心で読むわけですが、私が感じた違和感は真奈と秋庭(あきば)の年の差。まあ年の差といっても、やっぱり『恋』ですから。『恋よ来い、濃い恋をしよう。』じゃあないけど、恋にタブーはなし。しかもこの恋で世界が救われるっていうんですから、そりゃ誰も文句はないでしょう(笑)。

本の内容は突然始まった塩害、人々が次々と『塩化』してしまう病気が始まり、徐々に人口が減ってテレビや通信機関なども崩壊し、人々は家に閉じこもり、わずかの配給をたよりに生きていく世界から始まります。そんな世界で、ひとり重いリュックを背負った遼一。行き倒れ寸前のところを真奈に拾われ、秋庭ともに海へ目指す。―彼女とひとつに溶け合うために―

この物語の中で、一番気に入ったフレーズです。

愛ってすごいと思う。

地球を救うことも出来るし、滅ぼすことも出来るのが愛だと思う。

―愛する人を守るためなら世界が滅びてもいい―

そう思うことが罪でしょうか?わがままかもしれないけど、罪じゃないですよね。誰だって心があるなら、愛する人は守りたいと思うはずです。この物語は、そんな究極の愛を描いた作品です。

続きは読んだ方にしか分からない内容です。
続きを読む >>
心暖かくなる物語 | comments(2) | trackbacks(0)
entry_bottom
超・殺人事件〜推理作家の苦悩〜【読書】


超・殺人事件 推理作家の苦悩(PC専用リンク)

超・殺人事件 推理作家の苦悩(携帯専用リンク)



価格:1,470円

獲得P:14ポイント

セブンイレブン受け取りで手数料無料



著者:東野圭吾



お勧め度35%ショボン



最近、ちょっとシリアスな本を続けて読んだので、コミカルな楽しいものを読みたいな、と思いまして、タイトルから東野圭吾先生らしからぬ、ポップなものを感じてこの本を読んでみたのですが・・東野さんの作品で生まれて初めてコケました。『ウケました』ではなく、『コケました』ですからね、間違えないでくださいよ。



内容は『超税金対策殺人事件』、『超理系殺人事件』、『超犯人当て小説殺人事件』、『超高齢化社会殺人事件』、『超予告小説殺人事件』、『超長編小説殺人事件』、『超魔風館殺人事件』、『超読者機会殺人事件』と、短編集になっており、それぞれくだらないくらい疲れる展開の内容で、特に『超理系殺人事件』は途中で何度も読むのを止めようかと思ったほどです。



東野さんほどの方が、どうしてこのような本を書かれたのか、真意のほどは分かりませんが、内容はともかく、推理小説として一応はつじつまがあっており、もしかしたら同じ内容でも書き方によったら、これほど面白くない本も書けるんだ、と、言うことを証明したかったのだとしたら、納得がいきます。まあ、そう意味ではよくぞ、ここまでくだらない小説が書けたものだと、逆に関心してしまうほどで。だからこの作品は、東野先生のファンの方が、話の種に読まれる程度にされたらいいんじゃないかと思います。
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
1Q84【読書】



著者:村上春樹

お勧め度60%ショボン

村上さんのファンには悪いのですが、私にはあまり面白くありませんでした。以前も村上さんの小説で【ノルウェイの森】という小説が話題になり、ドラマ化などして社会現象にまでなり、そんなに面白いのか、と思って読んでみましたが、気分が悪くなりました。以来村上さんの小説は読んでいなかったのですが、たったひとつの作品だけで、その方の作品全部否定してしまうのは、やはり暴力的な気がして、この1Q84も手にとってみたわけです。

内容的には小説家を目指しながら予備校講師をしている主人公が、新人作品の小説から、とても興味深い作品を見つけ、その魅力にはまっていくお話と、もうひとりの主人公は、普段はインストラクターの仕事をしているが、彼女には影の顔と秘密があり、このふたりの物語が交互に進んでいく、というう形で物語りは進んでいきます。この二人の共通点は二つの仕事を掛け持ちしていることと、同級生ということと、もうひとつ共通点があります。

正直にいうと、ノルウェイの森より面白かったです。物語としても月が2つある世界や、猫の町など不思議な話が次々と飛び出してきて、いろんな謎、深田絵里子や二人の主人公の魅力もたっぷりでストーリーは本当に面白かっただけに、最後の終わり方がなんとも中途半端で、『これで終わり???』と思いました。

普通の便秘もつらいけど、これは心の便秘。

読み終わった後、そうとう苦しかったですよ。
続きを読む >>
ユニークな物語 | comments(0) | trackbacks(0)
entry_bottom
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
ワーナー・マイカル
あらしのよるに 〜ひみつのともだち〜 シアターセレクション
タグふれんず♪
いつもありがとう♪

ネコもアフィリエイト♪ リンクシェア・ジャパンのレビューアフィリエイトで報酬をもらおう
search